体外受精で妊活をスタート|望みはまだある

MENU

胎児と母体に必要な栄養素

妊婦

摂取すべき理由

妊婦になると胎児を育てるのに栄養が多く使われるようになるため、様々な栄養素を意識してとらねばなりません。鉄分、葉酸、ビタミンB群などが代表的なものですが、カルシウムも同様に重要な栄養素です。妊婦になると推奨摂取量が増加する栄養素も多いのですが、カルシウムは特に推奨摂取量が増加するわけではありません。ですが様々な妊婦用のサプリメントや食品などではカルシウムを強化したものが多くあります。なぜそのようにカルシウムの摂取が強調されるのかというと、妊婦でないときから日本人はカルシウム摂取量が不足しがちという問題があるためです。妊娠してない時から不足しがちなのですが、妊娠してからもひどく不足した状態になってしまうと、特に母体の健康に大きな影響がでてきます。妊娠中の母体は胎児に優先的に栄養が行くようになっているので、不足した分は母体の骨や歯に使われる分を削って胎児にカルシウム補給をするようにしてしまうためです。その状態で放置しておくと、母体の骨密度や歯の強度は著しく低下することになってしまいます。産前産後に歯を悪くする人が多かったり、更年期に入ってから骨粗鬆症になる女性が多かったりするのは妊娠中の栄養状態が原因であることも多いのです。もちろん、不足状態がひどければ胎児の骨や歯も脆くなってしまいます。このような理由から妊婦は特にカルシウムを摂取しなければならないのです。食品やサプリメントを上手に使って、意識して摂取しなければなりません。

Copyright© 2017 体外受精で妊活をスタート|望みはまだある All Rights Reserved.